スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

城島健司捕手がヘルニア手術をした

城島健司捕手が椎間板ヘルニアの除去手術を行い、退院したそうですね。


コルセットが外れるまで1ヶ月ほどかかるのだそうです。


腰は立っていても座っていても寝ていても負担がかかりますし、起きたり寝返りをうつ時も腰を動かすので、かなり大変そうな印象はありますね。


手術後はかなり大変だったのではないかと思ってしまいますが、最近の手術は日帰りとか、数日で歩けるほどになるそうなので、それほど大変でもないのでしょうかね。


キャッチャーはケガの多いポジションと言うけれども40歳までやった人もいますし、それに比べると30代半ばで怪我が多い状態となっています。


本当に野球選手というのは硬いボールのやりとりがあって、そのに人が集まるのですから体はボロボロになることのある職業ですね。






スポンサーサイト
2012-05-25 : スポーツ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。