スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

金環日食と目の異常「日食網膜症」

金環日食では日食用めがねを使用せずにそのままの裸眼で見た人もいて、病院での診察を受ける人も多かったそうですね。


115人ほどそういう人がいたそうですが、その後増えた風でもないので、だいたい100人ほどの異常だったのでしょうか。



天候が悪かったことも関係してあるそうですし、日食グラスのない人でもできるだけ直接は太陽を見ずに普通のサングラスやビニルなどを通して見たことにより重症化は避けられた場合も多いのだそうです。


症状としては目の痛み、視野が欠けた感じ、普段のようにモノが見えない、視力低下を感じた人たちだそうで、そのまま治らずに失明する可能性もあるようです。


関東では曇り、関西では晴れだったそうで、関西での場合はやはり強い日差しを見る形になったのでしょうかね。


普段の生活ではある程度誰でも太陽はどこにあるかとか、雲に隠れそうかとか、方角を確認したりと、見るものではあるので、目の異常を訴えた人はかなりの時間見ていたということでしょうかね。


軽症の人も多かったようなので、心配になって念のために病院に行ったという人も多いのでしょう。






2012-05-28 : からだのこと : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-15 18:17 : : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-29 15:03 : : 編集
Pagetop
ホーム  prev »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。